鍵紛失・鍵交換ならかぎの出張サービス

鍵紛失・鍵交換ならカギの出張サービス【さいたま市・越谷市・草加市・春日部市】 | 24時間365日受付対応、プロの鍵屋が駆けつけます。tel:0120-070-322

かぎの出張サービス さいたま市

スマートキー

車のトランクでインロックしてしまった時の対処方法と対策
0

車のトランクでインロックしてしまった時の対処方法と対策

スマートキー装備車の場合、キーが車内にあることを感知した場合にはロックされない仕組みになっています。 しかし、トランクに置き忘れたり落したりしてしまった場合、インロックしてしまう可能性が高まります。特に室内と完全に分離されているセダンタイプの車は注意が必要です。 キーが車内にあるのになぜトランクにスマートキーを置き忘れるとなぜインロックしてしまうのか不思議ですね。 ここでは、車のトランクでインロックしてしまった時の対処方法と対策について紹介します。
【BEV】プジョーe208のスマートキー事情とは
0

【BEV】プジョーe208のスマートキー事情とは

輸入車のなかでもいち早く電気自動車「BEV」を市販化したのがプジョー208シリーズの「e208」です。 「輸入車は高い」というイメージを払拭する価格で発売されたe208は、いち早くBEVの市販化を行った日産リーフの価格帯と同等であることにも注目したいところです。 2022年は、欧州各メーカーも含め、SUVスタイルのBEVやフィアット500eなど数多く発売される年であり、BEVが注目される年でもあります。 ここでは、プジョーe208のスマートキー事情について、アプリの利用など注意点について紹介します。
玄関スマートキーメリット・デメリット
0

玄関スマートキーメリット・デメリット

これから新築で一戸建て住宅を建てる際に、玄関の鍵を従来の物理的なキーにするかスマートキーにするか迷っている人も少なくないはずです。 賃貸物件の場合は、ドアに穴を開けられず、戸建て住宅でも既存のドアに穴を開けて加工したくない人は後付けのタイプで両面テープ等で固定するスマートキーしか取付できません。 新築時ならスッキリ玄関に収まるスマートキーを選ぶことが可能であり、防犯性も高まることから、スマートキーを選択する人が増加しています。 今回は玄関のスマートキーのメリットやデメリットを中心に紹介します。
【BEV】アウディQ4e-tronのスマートキー事情とは
0

【BEV】アウディQ4e-tronのスマートキー事情とは

人気の輸入車ブランドアウディから、魅力的な価格設定で100%電気自動車であるBEV「Q4 e-tron」がSUVスタイルで発売されます。 日本国内での発売は2022年秋以降とされ、2022年5月時点で未発売ですが、599万円~の価格は、トヨタbZ4Xと同等であることから非常に注目されています。 2022年は、欧州各メーカーも含め、SUVスタイルのBEVが数多く発売される予定であり、BEVが注目される年でもあります。 ここでは、アウディQ4 e-tronのスマートキー事情について、アプリの利用など注意点について紹介します。
【BEV】ボルボC40 Rechargeのスマートキー事情とは
0

【BEV】ボルボC40 Rechargeのスマートキー事情とは

ボルボは、2019年に全モデルにハイブリッド車をラインナップ、2021年ボルボ初となる専用設計された電気自動車C40 Rechargeを発売しました。 VOLVOは、2030年までにすべての新車販売車両を電気自動車にすることを目指しています。 2022年は、欧州各メーカーも含め、SUVスタイルのBEVが数多く発売される予定であり、BEVが注目される年でもあります。 ここでは、ボルボC40 Rechargeのスマートキー事情について、アプリの利用など注意点について紹介します。
2022年版軽トラックのイモビライザーについて
0

2022年版軽トラックのイモビライザーについて

軽自動車規格のコンパクトボディで扱いやすく、最大350kgまでの荷物が積載可能な軽トラックは、農業や軽貨物配送業をはじめ多くの業種で活躍しています。 乗用車にほぼ標準装備されている盗難防止に役立つイモビライザーは、軽トラックにも付いているのか気になります。 今回は2022年最新の軽トラックのイモビライザー装備状況など、軽トラックを製造しているメーカーを中心に紹介します。
最新2021年の自動車盗難徹底対策ベスト3
0

最新2021年の自動車盗難徹底対策ベスト3

車の盗難防止に役立つイモビライザーは、近年の乗用車のほとんどに標準装備されており、スマートキーの車には全車装備されています。 イモビライザーは、イモビカッターによるセキュリティの解除やリレーアタックによる盗難被害など完ぺきではありません。 ここでは、イモビライザーにプラスして車の盗難防止に役立つアイテムについて紹介します。
ドレスアップしたアルファードのホイール盗難対策は?
0

ドレスアップしたアルファードのホイール盗難対策は?

トヨタの人気ミニバンアルファードは車体の盗難被害も多いのですが、ドレスアップしたアルファードはパーツのみ盗まれるケースも少なくありません。 中でもアルミホイールはアルファードの場合、20インチ以上の大径ホイールが人気で価格も高価なホイールが目立ちます。ホイールの盗難を防ぐために専用のロックナットキーを使用しないと取り外せないホイールロックを使用している人も多くいます。 今回は、アルファードのアルミホイールを狙った盗難被害から守る対策、ロックナットキーアダプターを紛失してしまった場合の対処方法について紹介します。
トヨタランドクルーザープラドのイモビライザーキー紛失トラブル
0

トヨタランドクルーザープラドのイモビライザーキー紛失トラブル

トヨタの本格オフロード車ランドクルーザー70シリーズの4ドア版として、1990年4月にランドクルーザープラドは誕生しました。 レジャーやファミリーユース、街乗りでの使い勝手の良さ、最大8名乗車可能なグレードも用意されることから高い人気を得ています。
スマートキーを洗濯してしまった!水没時の対処方法
0

スマートキーを洗濯してしまった!水没時の対処方法

車のスマートキーやリモコンキーを、ポケットの中に入れたまま洗濯してしまった場合、どうしたらよいのか困ってしまうのではないでしょうか。 新しいスマートキーを買わなきゃいけないの?水没して壊れたかな?なんとか使えないかな?などお悩みの方に、今回は、スマートキーを誤って洗濯してしまったり、水に濡らしてしまった場合のと対処方法と注意点について紹介します。

絶対に確認のためのボタン操作はしないこと

とりあえず動くかどうか確認してみたくなりますが、絶対にボタンを操作してはいけません。 中に残っている水分で、ショートしてしまい壊れてしまう可能性が高くなります
スカイラインGT-Rの盗難に注意!イモビライザーはR34から
0

スカイラインGT-Rの盗難に注意!イモビライザーはR34から

スカイラインの中でも自動車レースで使用するために開発されたGT-Rは、日本を代表する高性能スポーツカーです。 アメリカは発売から25年以上経過した車は、クラッシックカーとして扱われるため、排ガス等の厳しい検査が不要になります。既に25年経過したR32型とR33型は高値で取引されています。 まもなく25年が経過するR34型の人気が高まっていることから、スカイラインGT-Rの盗難には警戒しなければなりません。今回は、人気が高まるスカイラインGT-Rの盗難防止対策について紹介します。
2019~2021年度版主流のトラック搭載イモビライザーとは
0

2019~2021年度版主流のトラック搭載イモビライザーとは

乗用車同様、約10年前頃からトラックにも、盗難防止のためIDコードが登録された正規のキー以外ではエンジンが作動しないエンジンイモビライザーシステムが、標準装備されるようになり、徐々に搭載車種が拡大しました。いすゞと三菱ふ ...