鍵紛失・鍵交換ならかぎの出張サービス

鍵紛失・鍵交換ならカギの出張サービス【さいたま市・越谷市・草加市・春日部市】 | 24時間365日受付対応、プロの鍵屋が駆けつけます。tel:0120-070-322

かぎの出張サービス さいたま市

ペットは防犯対策に効果があるか

 | ,  |  | 0

ペットは防犯対策に効果があるか

かつては庭で犬を飼っているお宅も多く見られましたが、最近は室内飼いが主流になりつつあります。チワワやトイプードルなど室内飼いに適した小型犬の人気が高まったこと、番犬としてではなく家族の一員としてペットを迎える意識が強くなったことなどが理由にあるようです。防犯だけを目的に犬を飼う人は少なくなった現在ですが、ペットを飼うことは防犯対策として実際に効果があるのでしょうか?

ペットの防犯効果は「条件付き」

一般的に、泥棒は庭に犬がいる家は避けるだろうというイメージがありますが、犬がいるから大丈夫だと油断しているためにかえって狙われるという説もあります。どちらも、ある程度は正しい情報です。

犬がいることの防犯効果は実質的にどういった点にあるのか考えてみましょう。空き巣は、大きな物音によって注目を集め、犯行が発覚することを恐れます。窓の開閉などに反応して大きな音が出る防犯ブザーが有効なのはこれが理由です。不審者が侵入した時、犬が隣近所に聞こえるような声で吠えれば、発覚を恐れて退散する可能性は高いでしょう。

しかし、性格的に温厚な犬で人が入ってきても吠えない、エサなどを与えられると簡単に黙ってしまう、あるいは反対に日頃からちょっとしたことでよく吠えるので吠えても家族も近所の人も気に止めない、というような場合だと、犬がいてもあまり防犯対策として効果はなさそうです。

また、玄関前に犬がいるから大丈夫だろうと、施錠せずに短時間外出した隙に空き巣被害に遭う、という事例も実際に見られます。

室内飼いの場合はどうでしょうか。室内で飼うのは主に小型犬なので、もし吠えたとしても家の外まで声が響くことは少なそうです。体も小さいので、犯人にしてみれば犬をクローゼットなどに押し込むのも容易です。そうすれば、ますます声は聞こえにくくなってしまうでしょう。

集合住宅の場合、ペット可の物件は防音対策に力を入れていることが多く、犬が吠えても外には聞こえにくくなっています。また、単身者向けのマンションであれば、他の部屋の犬が吠えたからといってわざわざ様子を見に来たり、通報したりすることも少ないと考えられます。以上のことを考えると、室内犬は防犯対策としては期待できないと考えたほうが良いでしょう。

防犯対策としてはあまり意味がなくても、ペットを飼うことで得られるものは計り知れません。可愛い姿に癒やされるだけでなく、一人暮らしの孤独感を軽減してくれたり、お世話をすることで日々の生活に張り合いが生まれたりといったメリットがあります。もし飼うときは、ぜひ命と最後まで向き合うという責任をもって大切に飼ってください。

空き巣対策のポイント

空き巣対策は、「外から見て不在と分からないようにする」「侵入しにくくする」という二面から行うのがポイントです。

例えば、夜になっても洗濯物が外に干しっぱなしになっていると、まだ家に帰ってきていない可能性が高いと判断されます。帰宅が遅くなる場合、洗濯物は室内干しにしたほうが良いでしょう。新年に年賀状が何日も郵便受けに入ったままになっている場合も、帰省していて留守だろうと思われる原因になります。郵便局に不在届を出しておくことで後日まとめて配達してもらえるので、面倒でもぜひ手続きしておきましょう。最近多いのが、SNSに旅行や外食の写真をリアルタイムに投稿することで今自宅は留守だと気づかれてしまうケースです。公開範囲を限定しない場合は特に、リアルタイムではなく帰宅後にまとめて投稿するほうが良いでしょう。

侵入しにくくするための対策は、ゴミ出しなどのちょっとした時間でも施錠を徹底する、鍵をピッキングされにくいものに替えたり補助錠を併用したりする、窓に防犯フィルムを貼るなどが挙げられます。なかにはベランダで洗濯物を干している間に別の部屋の空いている窓から侵入されたというケースもあります。在宅しているからといって油断せず、目の届かない場所は必ず施錠しておくことが防犯対策上非常に重要です。

地元企業さいたま市の安心・安全な鍵屋のご用命は

さいたま市・越谷市の出張鍵屋 最短30分
さいたま市・越谷市の出張鍵屋 最短30分

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。